何故支払総額に差が出るか

カードローンの魅力を一言で言うと手軽さにあります。最短即日融資で保証人や担保も不要、それでいて使い道も自由で繰返し借入れが可能です。それだけのメリットがあれば金利の高さも納得と思うかもしれませんが、返済と利息の関係を理解しておくと、より便利に利用ができます。

 

カードローンの返済では、ちょっと借入額を減らしただけでも、毎月の返済額をチョット増やしただけでも、支払額を大幅に抑えられる場合があります。何故ちょっとの工夫で大きな金額の違いが出るのか、その理由が利息と元金のバランスです。

 

カードローン利用者が毎月返済をする時、支払う金額の全てが返済に充てられるわけではありません。何故ならカードローンの借入れには利息が発生するからです。1カ月に1度の返済であれば、1カ月間にかかった利息は、支払額から差し引かれます。

 

例えば金利18.0%で10万円借りた場合、1カ月でかかる利息が1,500円です。もしも3,000円返済したとしても、その半分は利息として消えています。

 

仮に返済額が1500だった場合、支払額のほとんど全てが利息に消えてしまうので、いつまで経っても高い利息を支払い続けます。自分が支払ったお金の内、どの位利息で消えて、どの位元金が減るのかという考え方は、カードローンを賢く利用する上で意外と重要です。

 

分からなければコールセンターや店舗、または契約を行う際の契約機でオペレーターに直接聞いてみると良いです。分からないまま利用をしてしまうのが一番危険であるため、聞ける環境が整っているカードローンを利用するなら、はっきり言って聞かないだけ損です。

 

消費者金融で見てみればプロミスさいたまで借りる場合においては、店舗でも契約機でも利用ができるために質問や相談もしやすいです。また、これから借りるとしても利用前にネットで申込みを済ませておけば契約自体も早くに進むため、手軽に安心してスピーディに借りられるようになるのも魅力です。