約定返済の2つのデメリット

カードローンの返済を口座引落としで言われるがままにしている人は、大幅に損をしている可能性があります。一見楽で便利に見える約定返済ですが、デメリットが2つあります。

 

1つ目のデメリットが利息です。約定返済額のみの返済の場合、返済額の多くが利息に消えてしまいます。結果として支払総額が大きくなってしまい、払う利息が大きくなってしまいます。

 

2つ目のデメリットが追加の借入タイミングです。約定返済のみで返済を続けていっても、初めは借入残高がほとんど減りません。カードローンは繰返し借入れと返済が可能です。お金に困った時は再度借入れが可能ですが、約定返済のみの使い方で追加融資を行うと、借入残高が増えていき、返済の負担ばかりが増えていってしまいます。せっかく繰返し借入れができるのに。その恩恵を十分に利用できなくなります。

 

カードローン利用時には、約定返済とは別に、随時返済が可能です。そもそもカードローンは、随時返済が手軽にできるのがメリットの1つです。大げさな申込みは必要なく、ATMですぐに、好きな金額の返済が可能です。

 

カードローンを利用する時には、随時返済で早めに返済をするだけで、利息が抑えられるのと新たな借入れがしやすくなると覚えておきましょう。            

 

随時返済を積極的に行うのであれば、金利が高くなるモビット川越での借入れの際にも、支払いのトータル額は少なく抑えられます。だらだらと少しずつの返済を進めてしまうのが一番負担が大きくなるので、借りたのであれば早めの返済、完済ができるように進めるべきなのです。